ACM 米国本部 

808 Rio Grande St
Austin, TX 78701-2220

phone: (512) 478-5775

http://pianoguild.com

​米国ピアノ指導者団体

アメリカン・カレッジ・オブ・ミュージシャンズ(ACM)日本支部

​​米国ギルド・ピアノ検定試験 日本代表窓口

​182-0002

東京都調布市仙川町1-7-1

ライブスクエア201

1-7-1-201 Sengawa-cho Chofu-shi

Tokyo Japan 182-0002

  • 米国ピアノ指導者団体:ACM日本支部公式
  • 米国ピアノ指導者団体:ACM日本支部公式
  • 米国ピアノ指導者団体:ACM日本支部公式

ACM JapanOffice Hours:

Mondays - Fridays  9:30AM - 1:30PM

Copyright © American College of Musicians / the National Guild of Piano Teachers Division;  Japan National Chapter. All Rights Reserved.

Last Updated: 11/15/2019

about  Guild Audition

1929年の設立当初よりアメリカン・カレッジ・オブ・ミュージシャンズ(ACM)が一番力を入れている活動は「米国ギルド・ピアノ検定試験」を毎年開催することにより、子供達やピアノを学ぶ方々が目的を持ってピアノ教育に向き合える環境を作る事です。

米国ギルド・ピアノ検定試験は、参加者に順位をつけません。

英語のAuditionの語源「Audire=hear→聞く」 に基づき、本検定試験の審査員は実技試験の演奏を一対一の環境で、最初から最後まで聴き参加者の演奏で優れている部分やこれから養えば強みに変わる部分を、的確に評価しアドバイスします。

この1929年に始まったギルド試験はアメリカでは “ギルド・オーディション”と呼ばれ、広く親しまれています 

 

 

Yearly auditions are held in over 700 US cities and several foreign countries. Students are adjudicated by an international panel of judges and receive report cards, certificates, and fraternity pins. Programs are diversified to meet the needs of both students and teachers. Programs are flexible and include repertoire as well as technical goals (musicianship phases).

A variety of programs are available in which students can enroll:

Memorized Programs : Students of all levels may perform anywhere from one to 20 pieces

Hobbyist: Unmemorized programs--sudents of all levels may perform anywhere from one to eight pieces

Jazz Programs:Students of all levels may perform anywhere from one to 20 pieces memorized, or one to eight pieces unmemorized

Duet/Duo Programs:Students of all levels may perform anywhere from one to three pieces

Ensemble Programs: Students of all levels may perform one piece

Social Music:Special Medal Programs
Sonatina, Sonata, Early Bach, Advanced Bach

Diploma Programs
High School, Collegiate, and Young Artist

International Composition Contest

About Audition

米国ギルド・ピアノ検定試験の参加資格はACM米国公認指導者の方の生徒さん全員に平等にございます。

  • コンクールでないため、参加者に順位をつけません

  • 全ての実技演奏は審査員の前で生演奏で行われます

  • ACM本部はギルド試験の開催目的の中に、質の高いレポートカードを作成する事で、米国公認指導者全員の「ピアノ教育の水準を一定に保つ事」を大切にしています。

  • アメリカではギルド試験は一般的にコンサートホールなどでは開催されず、参加人数が多いお教室には審査員が出向き審査が行われます。

  • 審査は非公開(見学者なし)で行われる事で参加者の精神的負担を最低限にしています。

  • 審査員はACM米国本部が推薦する25人のACM国際審査員の中から毎年派遣されます

  • ギルド試験に演奏時間の制限はありません。曲数に限らず参加者は準備してきた曲の最初の音から最後まで演奏します

  • ​参加者は全員スケールとカデンツの実技試験が行われます。

1/5

eport card

ギルド試験は「各演奏曲」をACM独自の52項目で「C(良)」「A(劣)」「空 白(平均)」で判定する事からはじまります。

 

全ての曲の演奏が終了する と、レポートカード内に記された「C(良)」「A(劣)」の獲得数を集計し、 その総合点によって、各級の合否判定を行います。

 

合否判定後、審査員は 各参加者のレポートカード内にコメント(総合評価)を記入し、ギルド試 験は終了します。レポートカードは後日ACM公認指導者経由で参加者全 員へお渡ししています。

この審査員からの手書きのコメント付きレポートカードの存在は、ACM と8万人のピアノ指導者を繋ぐ重要な架け橋となっており、長年に渡ってギ ルド試験がアメリカのピアノ指導者より支持され続けている要因の一つと なっています。