音階とカデンツ演奏について

ACMがピアノを学ぶ際に最低限習得しておく事が望ましいと考える 技術演奏があります。

スケール( scale )とカデンツ( cadence )の演奏は 参加する級により求められる内容が異なります。 

参加者全員が課題曲を演奏する前に、演奏予定の課題曲と同じ調性を用いてIMMT演奏を審査員に披露します。